エンジニア採用サイト

SmartHR エンジニア採用サイト

SmartHR のエンジニア採用サイトです。私たちは、社会に仕組みを変え、歴史に残る模範的なソフトウェアをつくる仲間を探しています。

職種紹介

ウェブアプリケーションエンジニア(フロントエンド)

SmartHRの新機能開発や既存機能の改修を中心として、フロントエンドに軸足をおきつつ、実装・テストコード追加・レビュー・検証・リリース、などプロダクト開発に必要なことを職能に縛られず横断的に行っていただきます。
また、SmartHRの基本機能・オプション機能で利用しているSmartHR UIというReactコンポーネントライブラリを内製しており、この機能追加・メンテナンスもフロントエンドメンバーが有志で行っています。

ウェブアプリケーションエンジニア(バックエンド)

SmartHRの新機能開発や既存機能の改修を中心として、バックエンドに軸足をおきつつ、実装・テストコード追加・レビュー・検証・リリース、などプロダクト開発に必要なことを職能に縛られず横断的に行っていただきます。0 → 1、1 → 10、10 → 100 と様々なフェーズのプロダクトが10個以上存在し、エンジニアは新規プロダクトの有効性を探索したり、既存プロダクトが顧客にとってさらに価値あるものとなるよう改善を行なっています。

QAエンジニア

「継続的に品質保証できる体制をつくる」をミッションに掲げ、各プロダクトの開発チーム自らが品質保証できる体制づくりを推進しています。各プロダクト開発チームの状況に応じて、開発チームに参画しプロダクト開発体制を構築したり、開発チームの外から品質保証能力の獲得支援を行なっています。

私たちが働く上で大切にしていること

SmartHRのエンジニアには以下のような考え方や行動を大切にしています。
選考などでもこの観点に関する質問をしています。

  • 技術志向よりも、プロダクト志向であること
  • 個人プレーよりも、チームプレーを得意とすること
  • 安定よりも、変化を楽しむことが好きなこと
  • じっくり作り込むよりも、すばやく作って軌道修正が得意なこと
  • 指示に従うよりも、自ら判断することに働きやすさを感じること

SmartHRのVPoEに聞く、変化を続ける組織に対応できる高い成長志向を持つエンジニアとは

SmartHRで働くエンジニアの特徴・人物像について森住が語った記事です。

選考プロセス

SmartHRのエンジニア採用は以下の選考プロセスを予定しています。
なお、書類選考に進んでいただく前にカジュアル面談を希望される方は、カジュアル面談ページよりお申し込みください。

  1. 書類選考
  2. カジュアル面談
    • 職務内容等をすり合わせるための時間としてエンジニアが面談を行います
  3. 一次面接
    • エンジニア2名で面接を行います
  4. 最終面接
    • シニアエンジニアリングマネージャーとエンジニアリングマネージャーの2名で面接を行います
  5. リファレンスチェック
    • back checkを使用しております
    • 現職もしくは前職の業務で関わりがあった方から、候補者様に関する情報をアンケート形式でいただきます
    • back checkはオンライン上で完結し、SmartHRから対象者の方に直接連絡することはございませんのでご安心ください
  6. オファー面談

メンバー紹介

森住 卓矢(Takuya Morizumi)のプロフィール写真

森住 卓矢(Takuya Morizumi)

技術統括本部 統括本部長

2012年4月に新卒でウェブ系の受託開発会社に入社。以降一貫してウェブ開発に携わる。SmartHRには2018年8月に入社。当時の社員数は70名ほど。入社後、SmartHR本体を開発するバックエンドエンジニアを1年、オプション機能を開発するチームのプレイングマネージャーを1年、その後30名ほどのマネジメントを行うエンジニアマネージャーを経て2022年1月にVPoEを拝命。

菅原 正宜(Masanori Sugawara)のプロフィール写真

菅原 正宜(Masanori Sugawara)

技術統括本部 テクノロジーマネジメント部 本部長

SIerなどでWebアプリケーション開発経験を経て2020年にSmartHRへ入社。 SmartHRでは「基本機能」と呼ばれるモノリシックアプリケーションのバックエンドエンジニアとして1年と数ヶ月プロダクト開発を行い、その後所属チーム内のプレイングマネージャーとして1年ほど経験。 2022年秋からは「基本機能」チーム30〜40名のエンジニア組織のマネージャーをし、2024年からはSREチームなどプロダクト開発を横串で支える部門のマネージャーをしています。
また、個人の活動としてパーフェクトRuby on RailsなどRubyに関する書籍の執筆も行っています。

齋藤 諒一(Ryoichi Saito)のプロフィール写真

齋藤 諒一(Ryoichi Saito)

技術統括本部 開発本部 本部長

2021年にSmartHR入社後、プラットフォーム事業のエンジニア1人目として基盤の開発や通勤経路検索機能の開発に従事。2023年からは基盤関連チームを統括するエンジニアマネージャーを務める。マルチプロダクト戦略を推進するために、プロダクト横断で使うための基盤整備や、プラットフォーム事業としてのサードパーティー製アプリの開発サポートなど幅広くやってます。

立岩 美紗子(Misako Tateiwa)のプロフィール写真

立岩 美紗子(Misako Tateiwa)

タレントマネジメントプロダクト開発本部 タレントマネジメント開発2部 ユニット長

プライベートクラウド管理ソフトウェアの開発やスポーツ向け動画配信サービス等のフロントエンドの開発に従事したのち、2023年7月にフロントエンドエンジニアとしてSmartHR入社。スキル管理の開発に従事しています。ユーザビリティやアクセシビリティなどインタフェースの使いやすさに興味関心があります。

石井 浩之(Hiroyuki Ishii)のプロフィール写真

石井 浩之(Hiroyuki Ishii)

テクノロジーマネジメント本部 DPEユニット

2015年にtoC向けのウェブ系の会社に入社。その後、新規事業を中心として複数の会社で開発に携わる。SmartHRには2021年に入社。SmartHR人事評価の開発に携わった後に、2023年からは社内の開発者の生産性の向上を目的としたDPEユニットを立ち上げて、社内の開発者をユーザーとした開発をしています。

冨田 昌宏(Masahiro Tomita)のプロフィール写真

冨田 昌宏(Masahiro Tomita)

労務プロダクト開発本部 労務プラスアプリ開発部

大手メーカー系の会社でテクニカルサポート、SI、パッケージ開発、クラウドサービス開発などを経て、2021年にSmartHRに入社。1997年頃からRubyを触り始めたのでRuby歴は長いですが、Railsを本格的に始めたのは入社後からです。SmartHRではバックエンドエンジニアとして分析レポート機能、配置シミュレーション機能の開発を行い、現在は新規プロダクトの開発に従事しています。

協賛実績

SmartHRは技術カンファレンスへの協賛を積極的に行っています。直近の協賛実績をご紹介します。

YAPC::Hiroshima 2024に協賛しました

2024年2月10日に広島国際会議場で開催された「YAPC::Hiroshima 2024」でブースを出しました。 SmartHRとしては初めてのYAPC協賛です。 この記事ではその模様をお伝えします。

ISUCON 夏祭り 2023 にブース出展 & ISUCON 参加者の使用言語アンケート結果

2023年8月26日に開催された「ISUCON 夏祭り 2023」にブースを出展してきました。この記事ではその模様をお伝えします。

Rails Girls Tokyo 15th で スポンサー / コーチ をしました

2023年4月9日に行われた Rails Girls Tokyo 15thにて、SmartHR社員がコーチをしました。この記事ではその模様をお伝えします。

ピックアップ記事

もっと知る

SmartHR Tech Blog

開発チームの技術ブログです。技術スタックや開発体制に関する情報、試行錯誤の過程などを発信しています。

SmartHR エンジニア採用サイト

SmartHR のエンジニア採用サイトです。私たちは、社会に仕組みを変え、歴史に残る模範的なソフトウェアをつくる仲間を探しています。

SmartHR GitHubリポジトリ

SmartHRはOSSを複数公開しています。オープンな社風を体現するとともに、少しでも業界の技術水準向上に貢献していきたいと考えています。

CxOが勢揃いして、SmartHRのこれからを語る会 〜事業と組織と戦略と〜

募集中の職種

24

その他の職種も知る